/

この記事は会員限定です

生ごみ処理と野菜販売を車1台で ミダックなど浜松で

[有料会員限定]

産業廃棄物処理のミダックや自動車部品製造の平野工業製作所(浜松市)は、移動しながら生ごみを発酵処理し、野菜などを販売できるリサイクルカーを開発し、実験運用を始めた。スーパーや飲食店から食品残さなどを回収し、堆肥化して農家に販売。野菜の直売にも活用してもらうモデルで、浜松市から取り組みを広げたい考えだ。

設備保守などのNTTフィールドテクノ(大阪市)が手掛ける食品のリサイクル事業「地域食品資源循環...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン