/

この記事は会員限定です

商店街のにぎわい創出 街中スナック仕掛け人・田中さん

TOKYO 次代の案内人

[有料会員限定]

スナックなのにカラオケがない。深酒しないよう午後10時に閉店する。イナック(東京・荒川)代表の田中類さん(36)は「街中スナック」の生みの親だ。新型コロナウイルス禍で足が遠のいていた地域の人たちの交流が生まれ、新たなにぎわいを作り出している。

都電荒川線の小台駅の近く。「ARAKAWA LABO」のネオン管の文字が点灯され、1人、2人と客が現れた。凝った内装の店内は明るく初めての人も入りやすい。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません