/

この記事は会員限定です

再編やATM廃止 北陸地銀、頭取発言から見た決算

[有料会員限定]

北陸3県の地方銀行の2021年4~9月期決算が出そろった。福井県内ほか他地域でも相次ぐ再編や、コスト増の要因となっているATMの戦略、アフターコロナを見据えた取引先への支援について6行の頭取が決算会見で語った。発言を軸に地銀各行が置かれた現状を振り返る。

再編

富山第一銀行・野村充頭取「コスト削減目的の提携には消極的ではない。北陸銀がその気になれば

福邦銀行・渡辺健雄頭取「現場にもグループ化の意識を広げ、全体最適を図る」

10月1日付で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1529文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン