/

時之栖の庄司会長、静岡でしのぶ声相次ぐ

米久の創業者で時之栖(静岡県御殿場市)会長の庄司清和氏が12日に亡くなった。82歳だった。訃報を受け静岡県内からは故人をしのぶ声が相次いだ。

米久の堀内朗久社長は「『感動を創る』という創業精神をしっかりと受け継ぎ、引き続き全力で取り組んでまいります」としのんだ。時之栖が指定管理者として運営するフルーツパークがある浜松市の鈴木康友市長は「多くのレジャー施設・宿泊施設などを運営された手腕を本市でも生かされ、心からの敬意と感謝を申しあげたい」とのコメントを発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン