/

この記事は会員限定です

小笠原航空路なお遠く 環境と経済の両立模索

News潜望展望

[有料会員限定]

世界自然遺産に登録されている小笠原諸島(東京都小笠原村)への航空路開設の検討作業が長引いている。東京都などが飛行場候補地の地盤や生態系などの調査を進めているが、運航機種の選定には時間がかかる見通しだ。貴重な生態系の保全と経済発展を両立させる航空路の実現に向けた道のりは険しい。

国土交通省、東京都、小笠原村が参加する小笠原航空路協議会が13日にオンラインで開かれた。世界自然遺産に登録されている小笠原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン