/

この記事は会員限定です

高知県の農業DX、使う段階に 「産学官農」で研究会

[有料会員限定]

農業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めている高知県で、「見える化」した生育環境データの「使える化」を進めるため、産学官に農家が加わった研究会がこのほど発足した。農家の高齢化に原材料価格の高騰が加わり、高知が得意とするハウス栽培に逆風が強まっている。DXを加速させ、産地の維持を図る。

県はあらゆるモノがネットにつながるIoT技術を農業に生かす「IoP(Internet of Plan...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン