/

この記事は会員限定です

昭和電工川崎事業所、廃プラ分解 化学品として再利用

探訪 ググッと首都圏

[有料会員限定]

昭和電工川崎事業所(川崎市)には家庭から出る廃プラスチックを原料に化学品を生産するケミカルリサイクルプラントがある。廃プラを高温でガス化し、水素や二酸化炭素(CO2)の分子レベルまで分解。アンモニアやドライアイス、炭酸ガスとして再利用する。脱炭素化が進むなか、産業界や自治体から注目を集めている。

ガスや蒸気が流れるパイプを縦横に配置した高さ60メートル近い「プラスチックリサイクルセンター」のガス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り834文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません