/

この記事は会員限定です

処理水放出決定で風評上乗せ懸念 福島第1巡り

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所で増え続ける処理水について、国は13日、海洋放出による処分を決めた。魚や農作物など福島県産品で残る風評が強まることが懸念されるなか、今後は風評対策や国内外への情報発信の実効性が焦点となる。

「消費者の不安を招き、買い控えなどが起こるのではないか」。全国漁業協同組合連合会と共に海洋放出に一貫して反対してきた福島県漁連の野崎哲会長は危惧する。

同県の沿岸漁業は原発事故の1年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1302文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン