/

JA高知県が「高機能ナス」出荷、特定量販店と取引強化

機能性表示食品として売り出す「高知なす」(高知市内のJA高知県)

高知県内最大のJAであるJA高知県(高知市)は12日、血圧の上昇を抑える効果のある機能性表示食品「高知なす」の出荷・販売を始めたと発表した。高知なすは2020年9月、生鮮ナスとして初めて消費者庁から同食品として受理された。JA高知県は今後、特定の量販店と取引を強めるなどして取り扱いを増やす。

同JAは17年から信州大学と組み、高知なすに豊富に含まれる「ナス由来コリンエステル」の成分を分析し、血圧が高めの人の血圧を改善する機能があることを突き止めた。

このほど出荷を始めた商品は包装フィルムに「高めの血圧が気になる方へ」「機能性表示食品」と表示した。サニーマート(高知市)など高知県内の主要量販店で販売している。JA高知県は今後、県内外の特定量販店に優先的に供給する営業戦略を始める。これは販促のチラシなどで消費者に「高知なすは必ず品ぞろえしている」といった宣伝をしてくれるのが条件。

量販店向けの営業戦略だけでなく取引先市場で認知度向上に向けたフェアを実施するほか、新たな販路としてドラッグストアを開拓する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン