/

池森、庵野両氏らに神奈川文化賞

神奈川県は12日、ファンケル創業者の池森賢二氏、映像作家の庵野秀明氏ら4氏を2021年度の神奈川文化賞の受賞者とすると決めたと発表した。賞は神奈川の文化の向上発展に尽力した人に贈呈するもので、同時に建築家の隈研吾氏、映画評論家の山根貞男氏も受賞者に選定した。

県によると池森氏はファンケルを設立し、障害者雇用や起業家支援にも積極的に取り組んでいるという。庵野氏は代表作「新世紀エヴァンゲリオン」で箱根町にゆかりのある風景を登場させ、同町と連携した企画なども行い、観光客の増加にも寄与したことを評価した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン