/

この記事は会員限定です

手話通訳者らに助成 千葉県野田市、人手不足の解消狙う

[有料会員限定]

千葉県野田市は手話通訳者のほか、聴覚障害者らを支援する「要約筆記者」らの育成に向け、講座の受講費用に助成する制度を開始した。資格取得後は市内で働いてもらうことを念頭に、希望者の経済的な負担を少なくし、人手不足の解消を狙う。

対象となるのは県主催の3講座。手話通訳者や要約筆記者のほか、視覚障害者の意思疎通を助ける「盲ろう者向け通訳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン