/

この記事は会員限定です

地域「共創」で高齢者サービス ふじのくに物産西村社長

静岡 維新WOMENに聞く⑦

[有料会員限定]

静岡県は国内各地と同じく人口減少と少子高齢化に直面している。司法書士として長年、遺言書の作成など通じて高齢者と向きあってきた、地域商社ふじのくに物産(静岡市)社長の西村やす子さんに高齢者が必要とする地域のサービス業のあり方について聞いた。

――2020年の国勢調査で、県内の人口に占める65歳以上の割合が3割を超えました。

「子供や孫が首都圏などに移り住み、高齢者だけが残る状況は地方創生の点で問題...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン