/

市民参加のオペラ「カルメン」上演 徳島市の新名物に

徳島市でこのほど、市民参加のオペラ「カルメン」が上演された。さわかみオペラ芸術振興財団(東京・千代田)と徳島合同証券(徳島市)が組んだ歌劇公演は2017年に始まり、徳島の冬の風物詩として定着しつつある。今回も国内外のプロ歌手に、地元の児童やシニアら総勢100人以上が加わり、合唱や踊りなどで華やかな舞台を演出した。

徳島市のあわぎんホールは約700人の聴衆で満席となった。今回は日本でもなじみ深いオペラ「カルメン」を取り上げ、約1年をかけて合唱や踊りなどの練習を重ねてきた。公演は21年に続き、クラウドファンディングを活用して運営資金の一部を賄った。22年は147人から計484万円の寄付を得て、カルメン役の歌手を欧州から招請するのに役立てた。

主催したさわかみオペラ財団の沢上篤人代表理事は「徳島に『8月の阿波踊り、12月のオペラ』が定着してきた。来年は(1日でなく)2日間の公演にしようと決めた」とコメントしている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません