/

山口FGと愛媛銀行、船舶融資の支援会社を共同で設立へ

山口フィナンシャルグループ愛媛銀行は12日、船舶融資業務を支援する共同出資会社を設立すると発表した。船舶融資業務に関する両社のノウハウを共有し、銀行などの金融機関に対して船舶融資業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)などを支援する。

新会社「西瀬戸マリンパートナーズ(仮称)」を7月に愛媛県今治市に設立する。出資比率は未定だが、トップは愛媛銀行が派遣する。将来は船舶融資に参入する金融機関向けのシステムの外販なども模索する。

両社はこれまでも2020年1月に締結した「西瀬戸パートナーシップ協定」の一環として債権回収会社を共同で設立していた。両社で共同出資会社を設立するのは2社目となる。船舶融資業務の支援のほか、海事産業の情報を発信して船主や造船会社の情報交換の場としての役割も担っていきたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン