/

この記事は会員限定です

省エネ農業、長野が全国2位 スマート化で効率アップ

データで読む地域再生 信越・北陸

[有料会員限定]

農業が盛んな北信越では、生産性を高めるため省エネルギーが大きな課題だ。生産者の間ではIT(情報技術)を活用した「スマート農業」の導入による省力化が進行。寒冷地では農業用暖房の効率改善に取り組んでいる。自治体はこうした省エネ化に補助金を出し、地域の農業の競争力強化を支援している。

農林水産業の産出額1億円当たりのエネルギー消費量を過去10年間で比較すると、北信越エリアでは長野県が47%減で減少率ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン