/

この記事は会員限定です

仙台朝市、データ駆使して集客 NTT東日本と

[有料会員限定]

JR仙台駅西口から5分ほど歩くと、鮮魚店や青果店が東西約100メートルにわたって軒を連ねる「仙台朝市」が見えてくる。70年の歴史を持つ昔ながらの商店街が、NTT東日本や地元大学と組み、情報通信技術(ICT)を活用した集客策に乗り出した。

「オススメ商品は天然本鮪(マグロ)」。10月上旬の日曜日。朝市の通りの各所に見慣れない手書きの立て看板が置かれた。宮城学院女子大学の学生がつくった案内板で、仙台...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません