/

この記事は会員限定です

栃木銀行などスマート店舗の実験 地域の最適運営を探る

[有料会員限定]

栃木銀行とNTT東日本栃木支店、道の駅を運営するファーマーズ・フォレスト(宇都宮市)の3社はレジに並ばずにスマートフォンで決済ができる「スマートストア」の実証実験を始める。過疎化が進む地域では売り上げ減少により、日々の生活を支える小売店の存続が難しくなりつつある。テクノロジーを生かして地方でのサステナブル(持続可能)な店舗のあり方を探る。

3社連携の実証実験「とちぎんエシカルフェア」は栃木銀御幸ケ原支店(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1003文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン