/

前橋市の和菓子「なか又」、名古屋の同業を子会社化

前橋市の和菓子店「なか又」を運営するスイート(同市)は12日、同業の桔梗屋(ききょうや、名古屋市)をM&A(合併・買収)により子会社化したと発表した。今後は新たな経営体制のもと複合店舗の出店などで事業拡大を目指す。

JR名古屋高島屋などの「菓匠 花桔梗」で販売する「完熟いちご餅」

桔梗屋は「菓匠 花桔梗」のブランド名で名古屋市内において和菓子店3店を運営している。子会社化は1月7日付。買収額は公表していない。桔梗屋の新社長にはスイート社長の村瀬隆明氏が就任した。

名古屋市内にある「菓匠 花桔梗」本店

スイートは今後、2つの和菓子ブランドを展開していく。人事交流やノウハウの共有を進めるほか、共同メニューを開発したり、新業態を開発したりする予定。

新体制の取り組みの一つとして、13日から「完熟いちご餅」を名古屋市内で販売する。契約農家から仕入れたイチゴを羽二重餅で包んだ商品。JR名古屋高島屋などにある「菓匠 花桔梗」の店舗で扱う。

「なか又」の看板商品となった「ふわふわ わぬき」

「なか又」の1号店はデザイン会社のナニラニ(東京・渋谷)が2018年に前橋市の中心商店街で開業した。同社の村瀬隆明社長が、顧客であるジンズホールディングスの田中仁社長が進めている故郷活性化の活動に賛同して新規事業として始めた。

20年春に発売したパンケーキ風のどら焼き「ふわふわ わぬき」が人気商品になったため、ナニラニは菓子部門を別会社化して昨年夏にスイートを設立。昨年末には前橋市内に2号店「パワーモール前橋みなみ店」をオープンした。

スイートが20年12月に開業した「なか又 パワーモール前橋みなみ店」(前橋市)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン