/

この記事は会員限定です

JA広島総合病院 救急医療の研修にVR活用

医療介護最前線

[有料会員限定]

JA広島総合病院(広島県廿日市市)は地元スタートアップ企業と協力し、救急医療の研修で使う仮想現実(VR)システムの開発を進めている。救急搬送された患者をエコーや血液検査などで診察し、症状を判定するところまでを仮想空間でできるようにする。没入感のあるトレーニングを通じて、現場の対応力を向上させる狙いだ。

VRシステムを手掛けるビーライズ(広島市)と共同開発しているのは「EVR」というソフトウエア。救...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン