/

伊予銀行の4~9月期、純利益21%増に上方修正

伊予銀行は12日、2022年4~9月期の連結純利益が前年同期比21%増の180億円になりそうだと発表した。従来予想を60億円上回り、一転増益となる。新型コロナウイルス禍の影響による企業の倒産が比較的少なく信用コストが当初予想より減少した。円安の影響などで外貨建て債券を中心に売却益も増加を見込む。

経常利益は85億円上回る、同23%増の260億円を見込む。23年3月期の通期は最終減益の予想だが、10月に予定している持ち株会社体制への移行の影響などを踏まえて「改めて発表する」として従来予想を据え置いた。

同日発表した22年4~6月期の連結決算は純利益が前年同期比74%増の164億円。単体のコア業務純益(投資信託解約損益を除く)は110億円と同15%増えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン