/

栃木県、オミクロン対応ワクチンを9月末に接種開始

栃木県は新型コロナウイルスの変異種「オミクロン型」に対応するワクチンの接種を9月末から順次始める。4回目接種の対象者で未接種の高齢者や基礎疾患のある人、医療従事者などから接種を始め、10月半ばをめどに2回目の接種を受けた12歳以上の全住民に対象を広げる。

県内4つの県営接種会場で27日から予約を受け付け、30日から接種を始める。18歳以上の人に接種できる米モデルナ製ワクチンを使う。

市や町での接種も始める。宇都宮市は9月16日から専用サイトや電話で接種予約を受け付ける。市保健センターなどでの集団接種を25日、医療機関での個別接種を28日から始める。

新規感染者の情報を集める「全数把握」の見直しも、政府が全国一律で導入する26日から実施する。発生届の対象者を65歳以上の人や入院が必要な人に限定する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません