/

東京都、多摩地域に新型コロナ後遺症の相談窓口

東京都は新型コロナウイルス感染症の後遺症に悩む人の相談窓口を新たに多摩総合医療センター(府中市)に開設する。対象は陽性と診断されてから1~2カ月経過しても味覚・嗅覚の異常や倦怠(けんたい)感といった症状のある人で、看護師らが電話で相談を受け付けて症状に応じて医療機関を案内する。

相談受付は13日から始める。月曜から金曜の午前9時から午前11時まで直通の番号(042・312・9163)で症状や体調を聞き取り、受診すべき医療機関について助言する。相談は無料。

都は都立病院に新型コロナ後遺症の相談窓口を設置している。多摩総合医療センターは大塚病院(豊島区)と駒込病院(文京区)に続いて3カ所目の開設となる。都病院経営本部によると、3月に設置した2病院にはこれまでに合わせて70件弱の相談が寄せられたという。

今後は都立墨東病院(墨田区)のほか、東京都保健医療公社が運営する病院でも開設を検討する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン