/

この記事は会員限定です

半沢鶏卵など山形の中小4社、初の輸出に活路 香港など

[有料会員限定]

山形県の中小企業4社が、健康志向や「日本らしさ」を売り物にした商品の初の継続輸出に乗り出した。県と日本貿易振興機構(ジェトロ)山形が仲介する商談会に大学の助言を得て挑戦、香港市場を開拓する。各社は香港以外の海外にも視野を広げており、ジェトロ山形は「こうした企業を年に数社ずつでも生み出したい」と話す。

卵や鶏肉加工品の半沢鶏卵(山形県天童市)は看板商品である半熟の薫製卵「スモッち」を約4カ月で1万1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン