/

この記事は会員限定です

「盆栽」テーマの復興商業施設が開業 東松島市野蒜地区

東北6県 気になる現場

[有料会員限定]

東日本大震災の津波で深刻な被害を受けた宮城県東松島市野蒜(のびる)地区。復興商業施設としては最後発ともいえる「奥松島クラブハウス」が3月にオープンした。盆栽をテーマにした施設で、隣接する市の震災復興伝承館との相乗効果で継続的な観光客らの来訪を期待する。観光地、松島の景観保全規制と両立させる問題などもあり、震災10年を過ぎた今も復興事業が続く。

施設は約1㌶の市有地の無償貸与を受け、駐車場管理会社の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り857文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン