/

この記事は会員限定です

千葉銀行、中小企業向けSDGs金融商品を開発

[有料会員限定]

千葉銀行は取引先の中小企業向けに、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の推進を促す新たな金融商品を2022年春までに開発する。大企業では取り組みが進んでいるが、コストもかかるため同じ枠組みでは中小企業は取り組みにくい。中小企業向けに商品を開発することで、SDGsに対する意識を高める狙いだ。

「グリーンボンド」「ソーシャルボンド」「サステナビリティ・リンク・ローン(SLL)」といった債権や融資の仕組み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り996文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン