/

この記事は会員限定です

倉敷駅前に新街区誕生 オープンスペース使い回遊性

[有料会員限定]

岡山県倉敷市のJR倉敷駅前の再開発として約30年前から計画されてきた新街区整備が完成し、10月10日に開業する。約1.7ヘクタールの敷地にホテルやマンション、飲食店などが入居する。文化施設が集まる「美観地区」と倉敷駅の中間で、周辺住民や観光客を呼び込もうと工夫を凝らす。入居企業などがまちづくり協議会を結成、回遊性を高める取り組みを進める。

新街区はJR倉敷駅の南約300メートルの阿知3丁目に位置し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン