/

この記事は会員限定です

議員らのハラスメント防止、地方議会で条例制定広がる

[有料会員限定]

自治体がハラスメント防止条例を制定する動きが広がっている。地方議員や職員らのセクハラ・パワハラ被害をなくすため、相談窓口の設置や加害行為への注意・勧告などを規定している。15市区町が導入したのに続き、6月21日には福岡県が都道府県で初めて制定した。女性が立候補しやすい環境づくりにもつながりそうだ。(日経グローカル438号に詳報)

地方自治研究機構(東京・中央)によると、東京都狛江市が2018年に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン