/

山口県の聖火リレー、2日目の下関市も中止

山口県と下関市は12日、下関市で14日に予定していた聖火リレーを中止すると発表した。新型コロナウイルスの新規感染者が増えているほか、緊急事態宣言の対象になった福岡県からの人の流入が懸念されるため、市が11日に県に中止を要請。大会組織委員会と協議し、中止することになった。

下関市での聖火リレー中止を発表する村岡知事

14日に下関市の前後に走る予定の宇部や萩など5市は感染者が少なく、聖火リレーは計画通りに実施する。県は初日の13日の聖火リレーについてはすべて中止すると10日に発表しており、同県での聖火リレーは当初予定の13市から5市に縮小される。村岡嗣政知事は報道陣に「取りやめたいという下関市の判断は適切だと思う」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン