/

この記事は会員限定です

武蔵野銀行、頭取「コンサル業務を強化」 地域商社も検討

[有料会員限定]

長期の低金利時代で、銀行は融資を中心とした旧来のビジネスモデルの見直しを迫られている。顧客数2万社超を抱えるなど埼玉県の地域経済を下支えする武蔵野銀行の長堀和正頭取に、今後の方針や新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける県内の経済見通しについて聞いた。

――超低金利下で銀行ビジネスモデルを見直す動きが広がっています。

「銀行の業務範囲拡大の一環として金融庁が設ける『銀行業高度化等会社』として、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

地方銀行や信用組合、信用金庫の最新ニュースをまとめました。人口減少が進む地方で経営統合による経営力強化や新規事業、地方企業育成などを進める各金融機関の最新ニュースや解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン