/

この記事は会員限定です

横浜市の敬老パス無料化計画 問われる持続可能性

News潜望展望

[有料会員限定]

横浜市が目指す交通機関の「敬老パス」無料化の行方が注目されている。現在パスの交付は有料だが、山中竹春市長は75歳以上を無料化する方針。他の自治体では財政悪化などで高齢者パスの利用者負担を増やす動きが目立つ。横浜市の財政も厳しいうえ、交通事業者からも懸念の声が上がるなど、施策の実現には不透明感も漂う。

「75歳以上を無料化することで外出を促し、健康長寿の街を目指したい」。山中市長は就任直後の202...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン