/

この記事は会員限定です

電子ピアノ、進化の50年 最高峰「グランド」追求

電子ピアノ 弾む市場

[有料会員限定]

電子ピアノの音や弾き心地がグランドピアノの高みに近づいている。アコースティックピアノの音を録音する「サンプリング」や、音が出る仕組みを演算で仮想的に再現する「モデリング」などのデジタル技術が大きな役割を果たした。誕生から約50年、さらに進化を追う。メーカー各社は音だけではない、その先も見据える。

「電子ピアノの領域を超えている。思い通りに表現できる安心感がある」。ピアニストの須藤千晴さんはヤマハの「クラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1547文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン