/

この記事は会員限定です

CASE時代、変わる車内装材 共和レザー社長に聞く

[有料会員限定]

トヨタ自動車向けを主力とする共和レザーは、車内装に使う合成皮革の表皮材で世界シェア2位を誇る。電動化や自動運転など、車業界は「CASE」の大変革を迎えている。エンジン部品などに比べれば内装材のビジネスへの影響は一見小さいが、同社は逆に多様化するニーズに応えて成長につなげるという。花井幹雄社長に成長戦略を聞いた。

――電動化や自動運転などの技術革新をどう成長に結びつけるのですか。

「例えば車内空間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン