/

この記事は会員限定です

風車メンテの「忍者」不足深刻 茨城で1000人養成計画

[有料会員限定]

風力発電設備の保守・点検技術者の人材不足が深刻化している。全国で風車が増える一方、米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独シーメンス系など、急増する海外メーカー製の保守ノウハウを持つ人材が不足。洋上風力の普及にも障害となるボトルネックを解消しようと、技術者の訓練施設を開設する動きが広がってきた。

風力発電事業者のウィンド・パワー・グループ(WPG、茨城県神栖市)は2024年にも風車保守の人材育成に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1113文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

再生可能エネルギーによる発電所のひとつ、風力発電。風車や発電機、蓄電池などの関連する最新技術やサービスのほか、海域に風車を設置する洋上風力発電などのニュース・解説をタイムリーに発信します。

洋上風力発電とは

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン