/

この記事は会員限定です

豊洲市場移転になお宿題 集客施設遅れ、江東区が批判

潜望展望

[有料会員限定]

2018年に移転開業した東京都中央卸売市場・豊洲市場の商業施設「千客万来施設」の開業が遅れる見込みだ。新型コロナウイルス禍で規模を一部見直すなどしたためだが、地元の江東区は事態の把握が遅れた都を批判し、都は遅延期間の短縮検討に追われている。移転まで混乱が続いた同市場は今もなお宿題を抱えている。

ゆりかもめ「市場前」駅から水産の仲卸売り場棟につながるデッキを歩くと、重機が並ぶ工事現場の一角が目に入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン