/

IR公募、ゲンティンなどの応募公表 横浜市

横浜市は11日、誘致をめざすカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、事業者公募に応募した2グループのうち、1グループはシンガポールでカジノを運営するゲンティン・シンガポールを代表とするグループであることを公表した。11日を締め切りとしていた提案審査書類については両グループから提出があったという。

ゲンティンを代表とするグループは、大林組鹿島セガサミーホールディングスALSOK、竹中工務店の5社が構成員として参加する。もう1グループについては、マカオでカジノを運営するメルコリゾーツ&エンターテインメント中心のグループとみられる。市は応募社が公表を希望していないため、非公表としている。市によると、同グループはほか2社を構成員として参加している。

市は有識者による委員会での議論を経て、今夏にも事業者を選定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン