/

この記事は会員限定です

静岡のガス各社、カーボンニュートラルへ変革加速

しずおか現在・過去・未来 脱炭素化を商機に㊤

[有料会員限定]

静岡県内の企業が脱炭素社会に向けて対応を迫られている。燃焼させると温暖化ガスを排出するLPガスや都市ガスを取り扱うガス各社は、再生可能エネルギー事業拡大など新たなビジネスモデルへの変革を加速している。

2月末、天竜浜名湖鉄道の気賀駅(浜松市)近くの約1500平方メートルのブルーベリー畑の上に設置した太陽光発電パネルが発電を始めた。農業と発電を両立させる「営農型太陽光発電」だ。

この発電システムを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン