/

アイリスオーヤマ、岡山・瀬戸内市に工場 中四国の拠点に

覚書締結式に臨んだ(左から)武久市長、大山会長、伊原木知事

家電製品などを扱うアイリスオーヤマ(仙台市)は、岡山県瀬戸内市に家電製品工場を新設する。11日に県、瀬戸内市と立地表明の覚書を締結した。国内工場は10件目で中四国には初の進出。同エリアの製造・物流拠点となる。総投資額は約100億円。200人の雇用を見込む。

すでに同市内の第2宮下産業団地に約6万1000平方メートルの用地を確保。延べ床面積約15万平方メートル、約8万パレットの自動倉庫を備えた工場を2024年12月に着工、25年10月完成を予定する。

11日に岡山県庁で開かれた覚書締結式には同社の大山健太郎会長、瀬戸内市の武久顕也市長と、県の伊原木隆太知事が出席した。大山会長は国産拠点増設の背景について「中国工場での製造にはサプライチェーンの問題がある」とした。製造品目は未定だが「ニーズに合わせて考えたい」と話した。

伊原木知事は「100億円の投資は大きい。誠実な『家主』として企業と関係構築したい」と歓迎した。武久市長は「経済効果や雇用確保には大きな効果がある」とし、同社の要望に応えて早期の稼働に協力する姿勢を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン