/

茨城県、ノババックスワクチン接種実施 大規模会場で

茨城県は11日、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場で、4月に厚生労働省が承認した米ノババックス社製のワクチン接種を実施すると発表した。13日からインターネット上で予約を受け付け、6月4日から接種を開始する。既存のワクチンにアレルギーがある人や、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンの副作用を懸念して接種を受けていない人のニーズに応える。

県が運営する5つの大規模接種会場のうち、県庁福利厚生棟(水戸市)、牛久運動公園武道館(牛久市)、産業技術総合研究所(つくば市)の3カ所で実施する。1、2回目と3回目接種について、それぞれを1会場あたり50人ずつ受け付ける。今後は接種枠の予約状況に応じて国にワクチンの配分を求める考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン