/

この記事は会員限定です

再エネ電力を融通 茨城・つくば市が県内初の自己託送

(更新) [有料会員限定]
訂正2022年10月11日20時公開の「再エネ電力を融通 茨城・つくば市が県内初の自己託送」の記事中、「東邦ガスとJFEエンジニアリングの新電力子会社」とあるのは「JFEエンジニアリングの新電力子会社」の誤りでした。「アーバンエナジー(横浜市)が発電した100%再生可能エネルギーの電力を購入」とあるのは「アーバンエナジー(横浜市)から再生可能エネルギー100%の電力を購入」の誤りでした。

茨城県つくば市は、ごみ焼却施設で発電した電気の一部を本庁舎などで活用する。グループ内で電力を臨機応変に融通する「自己託送」と呼ぶ方式で、県内の自治体が導入するのは初めて。資源高で高騰する電力料金を削減する。

市が運営するごみ焼却施設「つくばサステナスクエア」で発電した電気を、配送電事業者の送電網経由で市役所本庁舎のほか、消防署や保育園など41施設に送って活用する。期間は2025年9月30日までの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません