/

この記事は会員限定です

EIZOの前期、純利益32%増

[有料会員限定]

EIZOが11日に発表した2021年3月期の連結決算は、純利益が前の期比32%増の61億円だった。新型コロナウイルスの影響で上期に停滞した企業や医療機関の設備投資が下期に回復した。また、半導体需給の逼迫や世界的な物流網の混乱下でも、自社製品を安定供給できたことも貢献した。

売上高は横ばいの765億円、営業利益は同23%増の79億円だった。在宅勤務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り171文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン