/

この記事は会員限定です

蔵王温泉スキー場、リフト掛け替え コロナ後見据え

[有料会員限定]

山形県の蔵王温泉スキー場(山形市)は集客力の向上を目指して設備を更新する。老朽化したメインリフトを掛け替えるほか、人工降雪機を増設。夏のグランピング施設も整備する。国の助成や調達方法の工夫で投資資金を確保した。厳しい経営環境が続くなか、新型コロナウイルスの収束を見据え新たな集客モデル構築を目指す。

22日に起工式を実施する。スキー場運営会社の蔵王温泉観光(山形市)は1953年に設置し、現在は3代目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン