/

東証プライム、地銀は全行が選択 北関東企業

(更新)

東京証券取引所が4月に実施する市場再編で、北関東の1部上場企業の多くは実質最上位のプライム市場を選択した。一方、事業規模に合わせてプライムに次ぐスタンダード市場を選んだ企業も複数あった。

東証が11日、各企業の選択結果を公表した。新市場の発足は4月4日。

地銀は全行がプライムを選択した。常陽銀行と足利銀行を傘下にもつめぶきフィナンシャルグループ群馬銀行筑波銀行と第二地銀の栃木銀行東和銀行がプライム市場に上場する。

一方で、シンニッタン元気寿司カネコ種苗などはスタンダードを選択した。シンニッタンは「市場区分を維持するために労力を割くより、身の丈に合った区分で本業に力を入れたい」と説明している。

東証は現在4つある市場区分をプライム、スタンダード、グロースの3区分に再編する。プライムは海外投資家も対象となるグローバル企業向けで、グロースは新興企業向け。スタンダードは中間的な位置づけで、国内事業を主軸とする企業が中心となっている。

〈訂正〉11日午後7時45分公開の「東証プライム、地銀は全行が選択 北関東企業」の記事中、「第二地銀の筑波銀行、栃木銀行、東和銀行」とあるのは、「筑波銀行と第二地銀の栃木銀行、東和銀行」の誤りでした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン