/

ライオンズ・レッズが埼玉知事訪問「県全体盛り上げて」

プロ野球の埼玉西武ライオンズとプロサッカーのJリーグ・WEリーグの浦和レッズが11日、埼玉県の大野元裕知事を相次いで訪問した。新型コロナウイルスの影響で、ここ2年ほどは両者とも本拠地のスタジアムで入場者数を制限するなど、経営環境は厳しい。大野知事は「埼玉県全体を盛り上げてほしい」と激励した。

ライオンズは奥村剛社長ら球団幹部が来シーズンに向けた準備状況を大野知事に説明。地元埼玉のカタログ通販大手、ベルーナが西武ドームの命名権(ネーミングライツ)を取得し、名称が「ベルーナドーム」になることや、県の彩の国みどりの基金に計238万円を寄付したことも報告した。奥村社長は「若手とベテランがうまくかみ合い、いいスタートを迎えられると思う」と優勝に意欲を示した。

一方、レッズの立花洋一社長はレッズの天皇杯制覇に続き、女子サッカーのレッズレディースが皇后杯で優勝したことを報告した。大野知事は「素晴らしい報告をいただいた。コロナ禍だからこそ夢を与えてくれるクラブだ」と、リーグ戦での優勝に期待を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン