/

この記事は会員限定です

ヤマハ発本社工場、「賢い工場」で改善活動より深く

ふじのくに戦略拠点

[有料会員限定]

ヤマハ発動機が「理論値生産」と名付けた独自の改善活動を進めている。最初に改善の最終目標とする理論値を定め、その達成に向けて大胆な発想への転換も含めて考え抜く手法だ。

静岡県磐田市内の本社工場では自動検査などによる「スマートファクトリー(賢い工場)」化を進めており、理論値生産で追い求める理想と実際のギャップを見える化し、改善活動のさらなる深化に取り組む戦略拠点となっている。

溶かした金属を金型に流し込み、部品を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン