/

この記事は会員限定です

都市農業の可能性広げるワイン 川崎市の蔵邸ワイナリー

酒紀行 

[有料会員限定]

住宅地や工業地帯のイメージが強い川崎市だが、市北部では野菜や果物が栽培され、都市農業が盛んだ。2021年夏、ブドウ栽培から醸造までを手掛ける初めての川崎産ワイン「蔵邸」が誕生した。

新宿から電車で約30分の川崎市麻生区岡上。最寄り駅から徒歩10分ほどの場所に約30アールのブドウ畑と醸造所「蔵邸ワイナリー」がある。ワインを製造するのが農業生産法人、カルナエストだ。

山田貢代表は岡上で代々続く農家の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン