/

腕時計や牛肉、群馬県が追加接種に特典 スバルなど協賛

群馬県は新型コロナウイルスワクチンの追加接種を進めるためインセンティブ(誘引策)を設ける。64歳以下が4月下旬までに3回目を打って応募すれば、特典として腕時計や電動アシスト自転車、県産の牛肉などを抽選で計850人に贈る。県内に工場を置くSUBARU(スバル)や太陽誘電などが協賛して特典を提供する。

応募に際しては追加接種の会場を問わない。特典一覧など詳細は17日までに県のホームページで知らせる。応募は対話アプリ「LINE」に開設している「群馬県デジタル窓口」を使って17日から5月末まで受け付ける。

特典には温泉旅館宿泊補助券や群馬交響楽団の演奏会チケットなども想定している。総額850万円相当で、協賛する企業などがすべて提供するため県費の支出はない。山本一太知事は「社会経済活動の早期回復に向けて、企業・団体や市町村の協力を得ながら、オール群馬の体制で追加接種を進めていきたい」と話した。

県は今後の経済活動再開に向けたロードマップもまとめた。このなかで重要だと判断しているのが、感染や重症化を防ぐための接種率向上と、コロナ対応病床の使用率低下。このため追加接種の促進策を打ち出した。コロナ対応病床については現在、県内で確保する568床を4月末までに600床へ増やす。4月下旬以降に県独自の旅行需要喚起策「愛郷(あいきょう)ぐんまプロジェクト」の再開などを検討する。

群馬県は21年、20~30代を対象にして抽選でスバルの多目的スポーツ車などをプレゼントするワクチン接種促進策を実施した。県の調べによると、21年9月下旬以降、20~30代の接種率が8週連続で全国トップとなるなど、大きな効果があったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン