/

この記事は会員限定です

うどんの原材料にビール 客足遠のく飲食店から買い取り

[有料会員限定]

うどん製造・販売の大庄屋(香川県琴平町)は、新型コロナウイルスの影響で行き場を失ったビールを活用したうどんを開発した。客足が遠のく飲食店から廃棄前のビールを買い取り、ビールを使ったうどんをネット通販で販売する。コロナ禍で苦しむ地元の飲食店を支援するとともに、話題性のある新たな商品を売れ筋に育てる。

開発のきっかけは取引する飲食店を何らかの形で支援しようと、廃棄せざるを得ないビールをうどんに活用でき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン