/

この記事は会員限定です

栃木・茨城でワイナリーラッシュ ブドウの個性映す

北関東ワイン新風㊤

[有料会員限定]

北関東は東京などの大消費地に近いにもかかわらず、山梨県や長野県に比べると、国産ブドウのみを使い国内で造る「日本ワイン」の生産量は大幅に少ない。だが今、世界的なワインブームの中で、栃木県や茨城県でワイナリーの開設ラッシュが続いている。地域の個性を生かしたワイン造りが進む。

栃木県北部の那須塩原市に、小さな、本格的なワイナリーが誕生した。

10月下旬、順調に育ったカベルネ・フランの葉は、紅葉のシーズン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2248文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン