/

武蔵野銀行入間支店、丸広百貨店内に移転

武蔵野銀行は11日、入間支店と狭山西支店を丸広百貨店入間店1階に移転した。商業施設内に支店を出店するのは初めて。廊下との壁がないオープンな造りで、同日開店セレモニーに参加した長堀和正頭取は「気軽に入店して頂けるような場所にしたい」と話した。

営業時間は午前10時から午後6時までで、予約制で土日祝日も資産形成やローンなどの相談を受け付ける。本部とオンラインで結び、相続などに関する専門的な相談にも応じる。店舗内のブースの間仕切りは地元名産の狭山茶をイメージした茶かごを活用し、地域色も打ち出した。

同行のスマートフォンアプリを体験できるコーナーも新設した。タブレット端末を用意し、来店客に使いやすさを体感してもらう。来店しなくても自宅でできる手続きを知ってもらい、支店では相談業務に力を入れる。

狭山西支店は老朽化に伴い、複数の店舗を1カ所に集める「店舗内店舗」方式で入間支店内に移転した。旧狭山西支店のATMは引き続き利用できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン