/

この記事は会員限定です

京丸園本社農園、障害者雇用で現場改革 生産性向上

ふじのくに戦略拠点

[有料会員限定]

ミツバやチンゲン菜の水耕栽培を手掛ける京丸園(浜松市)は、障害の有無や年齢などに関わらず誰もが働きやすいユニバーサル農業に力を入れている。本社に隣接する総面積1万3000平方メートルの3つの農園では、独自開発した設備の導入や作業工程の分解などにより「誰でもできる農業」を推進する。生産性の向上や会社の成長につなげている。

9月末、京丸園の農園では10人ほどの障害を持った従業員が丁寧に芽ネギの出荷作業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン